2014年5月28日水曜日

計算機+ 式が見える電卓 専用のシートを作って計算を自動化する

計算式が決まっていて、その中の一部の値を変えて繰り返し計算するような場合、
「計算機+ 式が見える電卓」有料版の機能を使って効率化できます。
専用のシートを作成して、計算を自動化します。

一つの例として、円周と円の面積を計算するシートを作成します。

1. シートを作成する


シートを作成する手順についてはこちらを参照してください。


2. 計算の入力値をきめる


今回は円の半径が入力値になります。ここでは仮に「10」と入力しておきます。
次に式に名前をつけます。式をスワイプして、「名前を編集」を選択してください。


3. 計算式を入力する


円周と面積を求める式を入力します。半径は、先ほど作成した行を参照します。参照するためには、半径の行の「10」の部分をタップしてください。

参照は緑色で表示されます。また、式の名前「半径」も表示され参照関係が分かりやすくなります。


作成した式も名前をつけておきます。
これでシートは完成です。

4. シートを使って計算する


「円」シートを開き、「半径」行をタップします。
半径の値を変更すると、円周、円の面積が自動的に更新されます。


関連記事

0 件のコメント:

コメントを投稿